無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
猫の気持ち ♪×24
0
    猫妹さん

    今回は一人増えます

    サッカー快勝で嬉しいです
    すごい緊張感でした
    で、わたくしのよく乗る電車は大変なことになっているそうです
    うちの会社の人帰れたのかなあ(´;д;`)ブワッ 

    何か考えてほしいですよ
    それしか電車がないとかおかしいと思うんですよねえ…
    みんな気を付けて…
    ちなみに私の帰る時間も色々大変でしたよ 
    サッカーとコンサートってどんだけ拷問ですか( ´・ω・)・・・・涙デタ 

    なかなか時間が安定しなくて更新が遅れてます

    見てくださってるかたすいません
    更新頑張ります 
     


    猫の気持ち ♪×24


    「セシル」
    「んにゃ〜」
    「セシル」
    私の声が聞こえていない。
    何かが通ったらしい。
    セシルは猫の方が強いので私よりもずっとそういう気配に強い。
    頭を軽く撫でると私を見上げる。
    「落ち着きなさい」
    「にゃあああ」
    「わかったから」
    何かを見ている。
    何を見ているのか。
    無理矢理腕の中に閉じ込める

    小さな
    小さな
    可愛い妹

    しばらく大人しく私を見上げている
    怒っていると思ったのだろうな
    違うという意味で笑ってやると嬉しそうに笑った。
    「で、何がいたんだ?」
    「小っちゃいのがいた!!小っちゃいの!!早いの」
    「…早い…?」
    「知ってるの。多分知ってるの」
    「………」

    セシルの側で小さくてすばしっこいのは

    「オニオンか」
    「たまちゃんだあ」

    二人同時に言った、同じ人物のことを
    ああそうだ
    まさかネズミじゃあるまいな
    ネズミとくると、これは色々まずい気もする

    「あ、やっぱり姐さん!!」
    「やはりお前か」
    「たまちゃん〜…ルーネスの方がいい?」
    「どっちでもいいよ〜」
    「所でなんでお前はうろうろしている」
    「…なんかさ、姐さん達と一緒じゃないと食べられそうな気がしたから」
    「…狐だし鳥だし…そうか」
    「とりあえず私から紹介すれば大丈夫だろ」
    「よろしく!!」

    「たまちゃんはおこじょさん?」
    「そうらしいよ…いくら小っちゃいからってひどいよねえ」
    「可愛いと思う」
    「姐さんの方が可愛いよ、幼女で」
    「幼女っていうなあ」

    *-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
    たまちゃん参戦








    | 神谷香月 | 獣人(ゴルセシ DDFFオール) | - | trackbacks(0) | - | - |
    Trackback
    トラックバック機能は終了しました。