無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
猫の気持ち ♪×30
0
    長く座っていると関節が痛い
    年齢的なことですかと聞いたら
    高熱のせいですよとあっさり言われました
    しばらく痛いらしいので長くかけないのでご容赦を

    尻切れトンボですいませんが
    ただ兄さんと妹さんが幸せな話です
    にゃんにゃん久しぶりでした

    よかったらどうぞ


    雪が降っている
    雪だ。

    寒いのかセシルがぺったりくっついて離れない。
    軽く声をかけてみる。

    「セシル起きれるか?」
    「んにゃあ」
    「ふむ」

    全く持ってけしからん可愛さだ。
    頬をつついてみるとふにゅふにゅ言う。
    少しでも引っ付いていたいのか腕の間に入ってきて頭を擦り付けている。
    可愛い
    妹の事に関してはもうどうにもならないほどに可愛いとしか出てこない
    いい加減に嫌になるほどのこの状態だ。

    「にゃふ」

    可愛らしい耳がぴこぴこと動く
    覚醒は近いのだろうが、本能が邪魔をすると言うか
    私の胸元までよじ登ってきて額を擦り付けられるともうどうでもよくなる
    まあ
    人間欲望には忠実だ。

    「にーひゃん」
    「なんだ?」
    「さみゅいね」
    「寒いな」
    「にゃあ」
    「舌が回っていないぞ?」
    「あにゅ?」

    冬はあまり得意ではない
    まあ
    いつでも妹がいれば得意になりそうだ。

    夏でもくっついているのだがな
    それはまあ、大目に見てもらう

    「お仕事…」
    「さっき連絡が来てな、大雪で休みだ」
    「ゆき…」
    「ああ、大雪で出勤無理だろうから休みだそうだ…まあ、やんだら炎の魔法で解かせばいいだろうし」
    「にゃふ」
    「今日はずっとべたべたしていようか」
    「うん」

    あっさりと返事をしたセシルの頭を撫でる。
    ああ、幸せだ
    この世界で二人で過ごせて幸せだ

    「にーひゃん」
    「ん?」
    「だいすきにゃ」
    「私もだよ」

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
    ただ幸せなだけな二人です


     
    | 神谷香月 | 獣人(ゴルセシ DDFFオール) | - | trackbacks(0) | - | - |
    Trackback
    トラックバック機能は終了しました。