無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
また 会えたね
0
    それは個人的に 
    続編待ってました〜
    早速やってます

    体験版やってたのでほんとに楽しみで
    妹さんラブ〜
    兄さんは出ないのかな

    FF4のラスボス戦好きで早速やってます
    ラスボス音楽好きなんですよね

    っていうか
    ミスティックっクエストキタ━━━━━y=-(゚∀゚)・∵.━━━━━ン!!!

    懐かしくてなんか涙出た
    フェイが好きだった…そしてケアル最強伝説

    ではでは

    「わあ、おなじみの人とか」
    「知らない人とか」
    「増えたな」

    わいわいと人が増えて賑やかだ。
    なんか楽しそうな表情のセシルがにこにこしている。
    クラウドが不思議そうにセシルを見る。

    「ふふ、なんかいいね」
    「ゴルベーザいなくて平気か?」
    「…いじわる?」
    「いやいやいやいやいや、違う違う違う違う」

    セシルが首を傾げて覗き込んでくる
    そんな顔に勝てるわけもない
    クラウドとしては、自分のチームになんといかさんが…もといセフィロスがいたのでなんでセシルの兄がいないのか不思議だったから。
    まだ始まったばかりなので誰が増えるかわからないけれど。

    「クラウドのところは増えるよね?バレットさんくるのかな」
    「さて、体験版にはいたんだけどな…」
    「ふふ、エッジにも会えたりしてちょっと楽しいよ僕」
    「そうか…セシルがいいならそれでいい」
    「ありがと、僕結構こうやってみんなが楽しそうなの好きなんだ」
    「そんな感じだな」

    そう言いながら視線をほかに向ける。
    なんだか一か所やばそうなところがある。
    バッツだ。

    「なんだ、珍しくスコールに喧嘩を売ってるのか」
    「わかんない…ここに入ってきたらあんな感じだったから」
    「ほっといたほうがいい」
    「あれ、ライトニングさん」
    「どういうことだ?」
    「…まあジャケット理由で喧嘩だ」
    「???」

    首を傾げるセシル
    そして気が付いたクラウド
    確かにジャケットではスコールがセシルと手をつないでいた。

    「そんなんで喧嘩か」
    「まあ、そういうことらしい…放っといていいんじゃないか」
    「そうだな…セシル何か飲もうか」
    「えええ?あのあの」
    「構わん」

    セシルを抱えてさっさとほかの部屋に移る二人。

    「セシルは俺の嫁だああああああ」

    **-***-----**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*****-------
    意味はなかったんですが、あまりにもジャケットのセシルが可愛かったので
    スコールと手をつないで手可愛かった
    それだけのネタでした
    とりあえず今のチームはセシル、バッツ、ティーダ、クラウドです



     
    | 神谷香月 | TFF(オール) | - | trackbacks(0) | - | - |
    Trackback
    トラックバック機能は終了しました。