無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
兄さんだって若い時はありますよ
0
    もう色々な方がなくなってしまってショックすぎますわ

    周夫さん大好きだったのに(´;д;`)ブワッ 
    そして平井先生まで…

    ウルフガイシリーズ大好きで ワァ〜!。゜(`Д´)゜。ワァ〜!

    ルパン三世を見ていた時に、ああ、この中で声をやっていた方も他界されてしまったなと思うと
    なんだかすごく泣けてきますよ

    本当はここの内容違うものだったんですが書き直しました

    ああ

    なんか悲しいなあ

    ではでは

    兄さんだって若い時はありますよ


    「私が二十歳の時か?」
    「そう」
    「うむ…そうだな」

    原稿を渡してセシルのご飯を食べて
    たまたまカインとローザが来ていたのでそんなことをローザが尋ねてきた。
    そうだなと思い返す

    「もちろん私だって当時から存じておりましたけど、成人式は出たんでしたっけ?」
    「出ていないな…写真だけ撮った覚えがある」
    「そうなんだ」
    「まあ、写真もどうかと思ったんだがセシルがとても張り切っていてな」
    「そうなんですか」
    「うむ」

    可愛かったセシル
    ゴルベーザがふと当時を思い出す


    髪の毛を梳いてくれたり、スーツをきちんとしてくれたりしてぱたぱたしていた。

    「お兄ちゃん髪の毛きちんとしよ」
    「別に写真撮らなくても」

    成人式だって出たいと思ってなかったのに
    せっかくの休みだから妹といる方がいいのになと思っていたし。

    「やあだ」
    「なんでだ?」
    「お兄ちゃんかっこういいの、きちんと写真撮るの」
    「…」
    「お母さんとかお父さんにみせてあげよう?」

    うるうるなお目目
    大きな可愛い瞳が見上げてくるのに勝てるわけもなく。

    「じゃあ、セシルの時もちゃんとして写真撮るからな?」
    「僕も?」
    「ああ、可愛くして綺麗にして父さんたちにみせてあげような」
    「うん」


    そんなことを思い出していたらセシルが戻ってきた。

    「お茶くらい手伝ったのに」
    「いいのいいの、昼間デザート作ったから食べてってね」
    「相変わらず料理うまいな」
    「ありがとう…で何の話?」
    「でかぶつの成人式の話」
    「写真あるよ?格好いいよ」

    天然
    普通に嬉しそうに言う。

    「こんなおっさんに二十歳があったとは」
    「兄さんだってあったの!もうちょっと若かったけど、今の兄さんも大好きだし」
    「…」

    言ってから真っ赤になってあわあわして

    「ケーキとってくるね」

    と台所に逃げる
    その後をローザが追い掛けていく。

    「まったく、本当に鼻の下のばして」
    「ん?」
    「あんな可愛い妹がいたらそりゃ張り切っちゃいますよね」
    「まあな」
    「…ナチュラルにのろけられるのはむかつくわ」

    カインが呟いたが聞こえないふりとしてみる。

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
    ただ幸せのろけでした
    ナチュラルにラブラブな二人が好きです





     
    | 神谷香月 | 現代パロ (漫画家兄さん等他職業ゴルセシ) | - | trackbacks(0) | - | - |
    Trackback
    トラックバック機能は終了しました。