無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
究極の選択
0
    このたびのイベントにて兄さん、ティーダ、バッツ、フリオニールを解放できました、私です

    イベントないと手に入らないようと泣いていたところ幸いでした
    そして50の限界突破にさっそく言ったのは妹さんでした
    ふふふ
    愛ってすごいなあ

    ただ今色々な職場見学をさせていただいており、いいお声を掛けてもらってます
    クレーム対応は役に立つそうです
    10年以上やってるからか…重宝されるそうですよ なるほど

    さて、今回からセシルさんが一人になります
    限界突破した時に一緒になったと思ってください。
    どっちにしても兄さんとバッツが入っちゃうと二人入れられないので(´;д;`)ブワッ 
    ジョブチェンジしているという事で手を打ちました(強引)

    きちんと記憶もそう言う風にしたくぽ?

    二人妹さんはわたくし馬鹿みたいに悶えくるっておりました
    妹さん相変わらず硬いのでランパート(でしたっけ?)かけまくってもらってました
    ダメージ軽減必要!

    ではではどうぞ
     


    究極の選択

    彼らは悩んでいた
    それぞれの主人公とか解放しようと。
    ふと犬鮓た。
    そして考えた

    セシルを見る。
    そしてまたため息をついた。
    彼女が喜ぶ人間なんて一人しかいない
    いや、誰を解放しても喜ぶだろうことはわかっているけれど
    一番喜ぶ相手は一人だ。

    バッツはこの辺で解放しないと鬱陶しいし
    ティーダも入れておきたいしと話をそらしてみたが、やっぱりまずこの人だろうとゴルベーザを解放した。

    「セシル」
    「兄さん!!」

    嬉しそうに笑う彼女の顔はまぶしくて
    彼女は笑ってる方がいいなとか言ってみたりして。
    魔法使いだからこのあたりでリディアは外した方がいいのかとか言っていたところ

    「兄さん、肉弾戦強い」
    「なに?」
    「腕力あるなあ」
    「じゃあ、魔法はダークで…後蘇生もてるんなら蘇生もってて」
    「うむ」

    そうなるとあと一人の座が危ないと考えるのは当たり前。

    「バッツが意外にアビリティつけられないんだが…どうした…」
    「俺は俺の嫁さんから離れないから!!」

    強引に入ってきた結果ジタンが弾き飛ばされましたとさ

    *-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
    うちはバッツはたまにスコールに変わってますがね(笑)
    ちょっと犬多すぎるのでちょっと考え中です





     
    | 神谷香月 | FFレコードキーパー(オール) | - | trackbacks(0) | - | - |
    Trackback
    トラックバック機能は終了しました。